レーザーで改善できるニキビ跡|肌のお悩み解消の案内所

ニキビに伴うトラブル撃退

微笑んでいる女性

残ってしまうシミや赤み

ニキビというと思春期によくできるもので、皮脂の過剰分泌による一過性のものです。また大人のニキビという言葉もよく聞くもので、肌のバリア機能が低下することで起こります。年齢によるニキビの違いはありますが、ニキビ跡が残らないようにケアすることは共通の悩みです。ニキビ跡には、茶色くシミのように残ってしまうものや、赤みや凹凸が残るタイプがあります。既にできてしまったニキビ跡を治療するには、肌の機能を回復してターンオーバーを促すことが大切です。沈着してしまった色素に対しては、シミ消しクリームなどが販売されています。ビタミンCやハイドロキノンなどの美白効果がある成分が含まれています。しかし、凹凸になってしまったニキビ跡は真皮にまでダメージが及んでいるため、レーザー治療が効果的です。

クリニックの治療

ニキビが膿を伴い悪化してしまった場合、跡としてクレーターのような凹凸が残ってしまうことがあります。これは炎症が肌のより深い部分である真皮にまで及び、ダメージを回復しようと過剰にコラーゲンを生成します。この影響が残ってしまうと、凹凸のニキビ跡となります。レーザーによる治療は肌の自己回復を促すものです。レーザー照射により熱を伝えることで、真皮にダメージを与えます。損傷した部分を回復しようと真皮層でコラーゲンが作られるため、陥没した部分を目立たなくする効果が期待されます。レーザー治療は肌にダメージを与えるため、熱による痛みが懸念されていました。それに対して現在では麻酔法が進歩し、治療中の痛みを抑えることができるようになりました。また、レーザーと共に冷却がガスを照射する手法もあり、痛みや傷を最小限にすることができます。